蹴球少女の序の口が何のアニメかわからなくて面白かった

蹴球少女というサッカーアニメもママがいっぱいな力作と遭遇しました。リアルでは動きコネクションギャルに愛くるしい人はあまりいないだけに、二平均ではそのストレスを凄まじく解消してくれているハズって勝手に思いました。どう見てもイヤッブラ似見えるママがサッカーボールと戯れるコーディネートがスタートにあって、つい飛びついたのは私事だ。こんな蹴球少女は、若宮弘明というミュージシャンが描いているアニメで、普通に色恋コネクション力作を描いてもいけそうな周辺だ。でも、わざとこのようなサッカーギャルを題目としているとか、ずいぶん無名ですね。蹴球少女とは言っても主人公は少年みたいで、最初の掴みは素晴らしいと思いました。こんな難問を投げかけられたら気になるのは仕方ありません。しかもこの人、ハイスクールサッカーのライブを見て、サッカーをする事を決意するという希有な物だ。ともかくサッカーをやる美少女は果して何時として起こるのかという難問だけが先走りますね。これが蹴球少女最初のインプレッションですけど、途端、さっきの少年が友達といった国立のチケットをかけて友達という戦うという宣誓とかが出てきました。あんな主人は、サッカー部へ入部すべく部室へ突入するわけですが、そこにいたのはショーツといったニーソのみを調整したママでした。どうもここのサッカー部は、夫が一同辞めてしまって、お客様がいなくて困っていたみたいです。妻は船長の藤咲鈴で、何かショーツを進呈できる措置。さらに彩音という覇者も現れて追撃のショーツ殴り込み。いよいよきっかけがわかりませんが、これは読み続けるしかありません。ふと逃げ出した優希くんの前に、どういう事か元サッカー船長が現れて、実に波乱の直感が行なう。それよりも、何時としてまともなサッカーをやるのかが気になりますね。なんて思っているって、誠にこういう妻校生陣というガチ勝負する事態になって面白くなってきました。